光一郎のアリゾナ留学ブログ

アリゾナ州立大学に留学中の21歳。留学に役立つ情報やアメリカにいるからこそわかるフレッシュな情報をお届けします!

【革命】Limeなくしてアメリカは生きられない。

  

んにちは!
光一郎です。
光一郎の自己紹介 

 

f:id:kohhasu:20180913090834j:plain

 

先日、

アメリカに来て初めて

Lime-Sを使ってみました。

 

使ってみた感想は

 

便利すぎて絶対に

これからも使い続ける!!

 

これに尽きます。

 

ãlime logoãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

今回は

アメリカの革新的なサービス

Lime-Sを紹介します!!

 

Lime-Sの登録方法や

借り方、乗り方などは

別の記事で説明しているので

 

実際に借りたいと言う方は

こちらの記事を参考に

してください!

studyabroad-world.hatenablog.com

 

目次

 1. Lime-Sって何?

Lime-SとはLime社が提供する革新的な

シェア電動キックボードサービス

のことなんです。

 

Lime社は世界中のイノベーション

中心となっているシリコンバレー発の

スタートアップ企業で

 

シェアサイクルサービスのLimeBikeや

今回紹介するLime-Sという画期的な

サービスをアメリカ全土で展開しています。

 

Lime-Sの電動キックボードは

下の画像のような感じで

 

ãlime-sãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

キックボードに

電動エンジンが搭載されている

未来感溢れる乗り物です。

 

なぜLime-Sが便利なのかというと

その理由はアメリカの交通手段事情に

深く関係しています。

 

以下で簡単に

アメリカの交通手段事情を

説明しますね。

 

2. アメリカの交通手段事情

アメリカは日本と違って

交通手段がそんなに便利じゃない

ことをご存知でしょうか?

 

例えば、

イカパスモのようなものは

ありませんし

 

バスや電車も時間通りに来るとは

限りません。

f:id:kohhasu:20180916135934j:plain

 

そもそも大学自体が広すぎて

教室間の移動にスケートボード

自転車を使っている人もいます。

 

では、アメリカに住む人々は

どうやって生活しているのか

というと

 

みんなめちゃくちゃ

車を使うんです。

 

学校に車で来るというのは

当たり前で

 

親と子供の分で一家に車が2台ある

ということも珍しいことでは

ありません。

 

近くのスーパーに行くにも

車に乗って行くのが当たり前です。

 

Blue Coupe on Brown Concrete Road

 

むしろ、

日本ほど治安が良くないアメリカでは

 

スーパーの袋を持って道を歩いたり

バスに乗ったりするのは

ちょっと危なかったりもするんです。

 

アメリカって

車がないと結構不便

なんですよね...。

 

とはいえ、

「1年間の留学のために

車を買うわけには...。」

という方がほとんどだと思います。

 

そんな方のために

今回紹介するLime-S

本当に便利なんです!!

 

ãlime-sãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

3. 何がすごいの?

〈どこでも使える!〉

Limeは今やアメリカの広い範囲で

サービスを展開しており

主要な都市であればだいたい

Limeを使うことができます。

 

下の画像はLimeがサービスを

展開している地域を表しています。

ロサンゼルスニューヨーク

もちろんですが、

 

僕が暮らしている

アリゾナのテンピにまであるのは

本当にありがたいです。

f:id:kohhasu:20180916151808p:plain

〈最高速度〉

何が速いのかというと

単純にキックボードの

速度が速いです。

 

電動エンジンが

搭載されているおかげで

 

最高速度が

時速24km出るんです。

 

ちなみに、

日本の原付の法定速度が

時速30kmなので

 

原付よりも

少し遅いくらいの速度がでるんです。

 

Man Riding on Bird Electric Scooter

 

人間の歩く速度が

時速4km言われているので

人間よりも6倍近く速いわけですね。

 

例えば、

歩いて20分のスーパーに

Lime-Sを使って行くと

4分弱で着いてしまうんです。

 

時短かつ楽なので

非の打ち所がありません。

 

Opened Mouth Black Haired Boy in Gray Full-zip Jacket Standing on Grass Field Taking Selfie 

〈走行距離〉

Lime-Sは

とにかく走れる距離が長いです。

 

公式ホームページによると

最大で20マイル以上

走ることが可能で

 

20マイルは約32km

東京駅を出たら大宮駅くらいまでは

走ることができてしまうんです笑

 

梅田駅を出たらぎりぎり

神戸駅に着かないぐらいは

走れてしまいます。

 

車や新幹線に乗るような距離は

キックボードで行けてしまうなんて

すごいことですよね。

 boys, childhood, children

〈料金システム〉

Lime-Sの料金体系は

基本料金時間毎の課金

というシステムになっています。

 

借りる時に1ドルかかり

その後は1分毎に0.15ドル

課金されて行きます。

 

ãlime-sãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

例えば、

家から徒歩20分のところにある

スーパーで25分間買い物をした時の

料金を計算してみましょう。

 

徒歩20分の距離は

Lime-Sを使えば4分で着いて

しまいます。

 

なのでスーパーへの行き帰りには

8分しかかかりません

 

スーパーで

25分買い物をしたとすると

 

25分 × 0.15ドル = 3.75ドル

 

3.75ドルに加えて

基本料金の1ドルがかかるので

合計4.75ドルになります。

 

ちなみに、UberLyftを使うと

最低でも片道約6ドルはするので

往復で12ドルになってしまいます。

 

それを考えると

往復で4.75ドルは破格ですよね。

 

東京でタクシーを使うと

初乗りでも往復で820円するので

4.75ドルがいかに安いかが

わかると思います。

 

アプリにカードを登録すれば

自動で支払いを済ませてくれるのも

本当に便利です! 

cabs, cars, city

〈安全性〉 

Lime-Sに実際に乗って見ましたが

 

かなり速く走ることができるのに

すぐに運転に慣れることができて

危険を感じることはありませんでした。

 

最初は意外と速いことに驚きましたが

ちょっとした段差にもびくとも言わず

2分後にはすいすいと乗りこなしていました!

Woman In White Blazer Holding Tablet Computer

 

少し長くなってしまったので

今回の記事はこの辺で

終わりにしたいと思います。

 

また別の記事でLime-Sの

・登録方法

・借り方

・乗り方

・返し方

を説明しているので

 

実際にLime-Sを借りたい方は

こちらの記事を参考にしてください!

studyabroad-world.hatenablog.com

 

また、こちらのプロモコードを

登録すると1.5ドル分Lime-Sを

利用することができます!

 

ぜひ登録してLime-Sを

お得に使ってみてください!

limebike.app.link

*キャンペーン次第で

値段が変わる可能性があります。

accident, action, auto

 

いかがでしたでしょうか?

「あれはどうなってんの?」だったり
「ここもっと詳しく教えて!」など
リクエストがあればコメント欄にて
お待ちしています!

 

ブログランキングに参加しています!

あなたのクリックで

応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ

 

また、コメント欄でしづらい質問や

個人的に聞いて見たいことなどが

ありましたら

 

僕のLINE@から

ご気軽にご連絡ください!

 

留学とは関係ない質問でも

答えることができる範囲で

お答えさせていただきます!

f:id:kohhasu:20181026142007j:plain

 

友だち追加

 
これからも

「留学」
に興味がある方のために
留学に役立つ知識

アメリカにいるからこそわかる
フレッシュな情報
発信していきます!

僕のアホな留学生活を
インスタグラムで発信しています。

ブログの更新情報も
インスタグラムでお知らせするので
ぜひフォローお願い致します!
 

 

www.instagram.com

f:id:kohhasu:20181011112829j:plain

 

読者登録からブログの更新情報を

受け取ることができるので

読者登録もお待ちしています!


それではまた次回の記事で〜。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ